20世紀初頭に、スイスの作曲家で音楽教育家でもあったエミール・ジャック=ダルクローズ博士によって創案された音楽教育法です。
児童心理学・生理学の観点から、幼児期の人格形成教育として知られています。

わかりやすく言うと、音楽と身体を使った”子どもの能力開発教育“です。
見て、聴いて、感じたことを、考えて表現する体験を通じ、幼児の感覚、頭脳、身体をひとつにする教育です。

これを通して、言葉や数(知育)、音やリズム(音感)、自立心(情操)が育まれます。

  • 情操教育(心の教育、人間教育、自立心など)
  • 音感教育(音感、リズム感、拍子感、音楽の楽しさなど音楽の基礎)
  • 知育教育(言語、数、感覚)

をねらいとしています。

リトミック研究センターHPより抜粋
https://www.eurhythmics.or.jp/whats/